JVBWA 一般社団法人日本訪問福祉理美容協会

Japan Visiting Beauty Welfare Association

資格認定制度について

訪問福祉理美容師とは

 
「訪問福祉理美容師」とは、国家試験に合格した理容師・美容師がお年寄りや身体が不自由で寝たきりの方、車いすで生活されている障害者の方、老人福祉施設や療養施設に入所されている方、在宅で病気療養中の方、その他諸事情などで美容室に行くことが困難な方々のご自宅や施設へ訪問して、健常者や若年層と同様に安全で快適な美容を施せる技術、基本知識を有することを一般社団法人日本訪問福祉理美容協会(JVBWA)が証明する認定資格です。
 

受講資格について

 
a01受講資格は、美容師又は理容師の国家資格を有する者、または厚生労働省指定の美容師、理容師養成教育機関にて卒業、美容師・理容師試験受験履修単位取得見込み証明が可能であることが必要です。
すでに店舗にお勤めの理容師・美容師をはじめ、これから出張理美容を始めたい方、現場復帰を目指す主婦、技能スキルアップを目指す方々に、今後ますます加速する高齢化社会を担う訪問美容のスペシャリスト資格として受講をお勧めします。
 

資格取得のメリット

 
高齢化が進展する中で、美容業界も同様にシニア年齢層の利用者が年々増加傾向にあります。それに伴い、在宅や老人福祉施設等で美容店に来店することが困難な高齢者が今後ますます増加していくことが確実視されています。訪問美容の市場規模は年々拡大しており、そのような状況下で、介護福祉の基本知識を兼ね備える「訪問福祉理美容師」は、今後ますます需要が高まることが予想されています。
訪問理美容師の仕事は自分のペースで労働時間や休みを設定することが可能ですので、フリーでご活躍の方はもちろん、ブランクのある美容師の方、小さなお子様がいる方でも安心して働くことができるのが魅力です。「訪問福祉理美容師」の資格を取得することで、これまで身に付けた理容師・美容師の知識や技術、経験に加えて、新しいフィールドで活躍する機会が広がります。
また、訪問福祉理美容師の資格を取得した理容師・美容師さんには、一般社団法人日本訪問福祉理美容協会(JVBWA)が、認定マークの配布を行い、実際に訪問理美容を行うための準備・手続き・保険などの実務をサポートします。
 

JVBWA認定マークについて

 
mark当協会が主催する「訪問福祉理容師」の講義を受講した者には、訪問美容の正しい知識、ご高齢の方や身体の不自由な方などへの正しい介助・理美容知識を身につけたスペシャリストであることを証明する認定マークがシール及びデータで配布されます。この認定マークを
を店舗や名刺、WEBサイトやチラシ、広告などで表示することで、訪問理美容サービスを必要とされている方々に事業者選びの指針としてお役立ていただくことができます。

バナー

受講スケジュール

画像
名古屋企業福祉会館(名古屋市中区大須2-19-36)
画像
福岡県立ももち文化センター(福岡市早良区 百道2−3−15)
画像
サンモール道玄坂(渋谷区道玄坂2-18-11)